そろそろ新しい家が欲しい!憧れのマイホーム計画
未分類

インテリアだけじゃない!新築はエクステリアにもこだわろう!

せっかく新築で戸建て住宅を購入するのならば、インテリアだけではなくエクステリアも自分好みにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。
住宅購入の際にはどうしても間取りや屋内の設備に目が行きがちではありますが、外から見た時の家の印象も非常に大事ですし、友人を呼ぶ際にも家の第一印象を左右するエクステリアは非常に重要なポイントです。

エクステリアまずエクステリアのデザインを検討する場合に考えなければならないのは、駐車スペースをどの程度確保する必要があるのかという点です。
駐車スペースは住宅の1階部分を活用する方法がある一方で、住宅の部分とは別にガレージを設ける方法もあり、土地の面積や車の台数などを考慮して検討する必要があります。
また、駐車スペースには自家用車だけではなく自転車や三輪車や来客の際の車も入れる可能性があるため、ピッタリのサイズに作ってしまうよりは多少は余裕をもった面積を確保するように設計する方が無難です。

駐車スペースが確保できたら、残りは自由にアレンジすることができるフリースペースとなりますが、オプションとして物置の設置も検討すると良いでしょう。
家の中に収納できるものは良いですが、外でよく使用するような子供の遊び道具や車の洗浄や整備用の道具、庭の掃除用の道具など家の外に周到しておく方が便利なものは意外とたくさん存在するので、物置が屋外に1つあると非常に重宝します。
それほど場所もとらず安く購入できるので、駐車スペースの端や住宅の脇あたりなどに配置するのがおすすめです。
ネット上には屋外物置が欲しいと思ったら見るべきサイトもあるため、購入を検討している場合や、情報収集を行いたい場合は参照してみると良いでしょう。

フリースペースを綺麗に見せるアイデアとしては、庭を華やかに彩ってくれる花壇を設置するのはいかがでしょうか。
季節ごとに種類を変えて植え替えることで、四季の変化も感じることができますし、リビングから見える風景も色づいてより明るい気分になることができます。
単純に花壇を置くだけでは物足りないという方は、トマトやいちごなどの簡単にできる野菜や果物の家庭菜園に挑戦してみるという選択肢もありますし、思い切って大きめの木を庭に植えてしまうというオプションもあります。
家庭菜園でしたら家で取れたての新鮮な野菜を食べることができますし、カキの木などを植えれば毎年果物を楽しむこともできます。
このように、エクステリアのフリースペースは様々な用途に使用することができるので、せっかくのスペースを更地のままにせず、花壇や家庭菜園などを楽しむことをおすすめします。