そろそろ新しい家が欲しい!憧れのマイホーム計画
未分類

家の外壁は断然塗装よりもタイルを選ぶべき!その理由とは?

住宅の外壁のパターンとしては、大きく分けて塗装とタイルの2つのパターンがありますが、最近特に人気でおすすめなのはタイルの外壁です。タイルの外壁には塗装では実現できないようなメリットがたくさんあり、例えば材質自体が無機質でできており、雨風や雪や強い日差しなどによるダメージを比較的受けにくい丈夫な素材であるため、素材自体が劣化せずに半永久的に残り、メンテナンスが必要ない点がメリットとして挙げられます。長い目で見ると住宅の外壁は徐々に色あせてきたり剥がれてきたりしてしまいがちではありますが、最近用いられているタイルの材質は非常に強固なので一度適切に施工することで長期的に使用することが可能です。

タイル貼りの壁また、見た目の仕上がりにも大きな差があり、タイル貼りの家は塗装に比べて非常に重厚感があり先進的でおしゃれな印象を出すことができるというメリットがあるので、特に若い世代の夫婦やおしゃれにこだわりたいという方からの人気が高いです。塗装の外壁の場合では20年程度経過するとどうしても色あせや汚れが目立ってきてしまうことが多いですが、タイルであれば多少汚れてしまった場合でも、簡単に水で汚れを落とすことができる場合がほとんどで、擦り傷や切り傷もつきにくい強固な素材でできているので、長期間美しい外観を保持することができます。

このように、タイル貼りを選択することで圧倒的な耐久性と美しさを叶えることができるので非常にオススメではありますが、もちろんいくつか塗装に比べてデメリットも存在するので留意する必要があります。まず、デメリットの1つとして挙げられるのが最初の施工費用が比較的高額であることで、例えば40坪程度の住宅で換算した場合、外壁を全て塗装にする場合では300万円から500万円程度の費用で済む場合が多いですが、反対に全てをタイルにすると500万円から700万円程度の費用が必要です。その分将来的なメンテナンスの費用が掛からないことを鑑みればそれほど大きな違いとは言えないですが、やはり初期の施工時にまとまった費用がかかってしまうため多少負担が増えてしまうことは事実です。以上のメリットとデメリットを考慮すると、塗装と比べて多少初期費用が高いということはあるものの、タイルの外壁は圧倒的に耐久性が高く長期的に考えた時のメリットが多いため、一度は施工業者に見積もりを依頼してみて、どちらにするかを検討することをお勧めします。