そろそろ新しい家が欲しい!憧れのマイホーム計画
未分類

色々カスタマイズしたいなら注文住宅!どこに頼めば建てられるの?

自分の好みの間取りや設備を設置できるように、色々カスタマイズしてマイホームを建てたいと検討している人は、注文住宅を選択することになりますが、その際にはどのような業者に建築を依頼すればよいのでしょうか。大きく分けると、大手のハウスメーカーに依頼する方法と建築設計事務所に頼む方法、そして地元の工務店に直接依頼する方法の3つのパターンが存在します。

電卓を持った工務店の男性大手のハウスメーカーに頼む場合には、ハウスメーカーに所属する建築士や設計士が設計した図面に基づいて下請けの工務店が施工を行うプロセスになっており、一括して建築を依頼することができて安心感があるというメリットがある一方で、フルオーダーであっても比較的パターン化された間取りになりがちというデメリットがあります。建築設計事務所に依頼する場合では、直接設計士の方と依頼主が面談をして間取りを決めていくことが多く、細かい要望などを直接伝えることができるという点がメリットです。ただし、設計事務所に依頼する場合のデメリットとしては、設計料に加えて監理料がかかってしまうため、コストが割高になる可能性がある点が挙げられます。そして、地元の工務店に直接依頼する際には、地元の状況を詳しく知っている建築業者に直接連絡を取って建設を依頼でき、こだわりにあわせた家づくりに対応してもらいやすいというメリットがありますが、小規模な業者が多いため工期が長くなりがちであるというデメリットもあります。

このように、注文住宅を建てる場合にはハウスメーカーや建築設計事務所や工務店にまずは自分の希望の条件を伝えることが始めのアクションにはなりますが、業者選びはマイホームの完成度を決定づける非常に重要なポイントであるので、慎重に行うべきです。始めから1つの業者に絞ってお願いしてしまうよりは、まずは何件かのハウスメーカーや建築設計事務所と面談をしてみて、やり取りのしやすさや自分の要望の受け入れてもらいやすさ、対応の丁寧さや柔軟性などをよく比べるようにしましょう。そして、概ね同じ間取りや土地の条件を各業者に伝えてそれぞれの業者での費用の見積もりを算出してもらうと、だいたいの費用の違いもわかるので、ご自身の予算の中に入るかどうかという面からも各社を比較するのがおすすめです。予算内の金額で、できるだけスムーズかつ柔軟に自分のリクエストや意見を聞いてくれる業者が見つかれば、理想の注文住宅が建てられるはずです。